サラリーマンFPの表と裏ブログ【人生・ライフ編】

アクセスカウンタ

zoom RSS FP 表ブログ 本屋さんへ立ち寄って。 〜 陽だまりの彼女 〜

<<   作成日時 : 2012/04/11 22:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

20120411
FP 表ブログ 本屋さんへ立ち寄って。 〜 陽だまりの彼女 〜



ふと、書店に立ち寄ることが日常茶飯事。

この間も時間が余っていたので、時間を埋めるための本を探しました。

2時間ほどのちょっとした時間に読みたいぐらいで、後の予定にも響かないほどの、

内容も本の体積も大きくないぐらいの。


こういうときは、文庫で平棚に積まれているものがちょうどいい。


そこに目に飛び込んだのが、これでした。




『 陽だまりの彼女 (新潮文庫) 』


内容は、恋愛モノですが、彼氏彼女のいる方、いない方、もう、夫婦になっている方、

どんな状況の方でも、それぞれが

大切に想う

ことを今一度感じられる内容になっています。



主人公の彼と彼女は中学生のときに出逢い、

その後、大人になっていく中でストーリーが展開していきます。

読んでいく中で最後の展開が大きく動く内容なので、

最後まで読んで、主人公の二人の行動や、主人公の名前の由来でさえ、

後から納得させられるようになっています。


こんなストーリーは小説でしかないものですが、

それでも現実に生きていく端々で、小説のことが気になり、

家族や友人の大切さをひしひしと感じさせられるようになりました。

たぶん、今すでに読んでしまった方と、これから読もうとする方とは、今の捉え方は違うはずです。


ひょっとしたら、もう、明日には出逢えないかも!


一日一日生きていく現実で、出逢った一人一人に対して、

これが最後になるかもしれないと想って生きている人は少ないと想います。

でも、それは小説の中ではなく、現実にも起こりうることですよね。

きっと、そんなふうに想いを巡らせるようになる小説です。



小説を一度読んで『あぁ、そうだったのか』と想い、

ストーリーが分かったうえで読み返したときに起こる、深く揺れ動く心の動きを体感してほしい。



ひょっとしたら、私のブログなんてのも、そんなものなのかもしれませんね。

陽だまりの彼女を読んだら、また、ぜひ、このブログにも立ち寄ってください。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
FP 表ブログ 本屋さんへ立ち寄って。 〜 陽だまりの彼女 〜 サラリーマンFPの表と裏ブログ【人生・ライフ編】/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる