サラリーマンFPの表と裏ブログ【人生・ライフ編】

アクセスカウンタ

zoom RSS FP 表ブログ メルトスルー

<<   作成日時 : 2011/06/07 21:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2011.06.07
FP 表ブログ メルトスルー



福島の原子力発電所の事故。

核燃料が圧力容器内に漏れ出すのをメルトダウンという。

それより最悪なことに、圧力容器の底から漏れて格納容器内に落ちることをメルトスルーといい、

現状、そこまでに至っていることが分かった。


本当に最悪な状況ではあるのだが、

もっと問題なのは、メルトカントリーになっているのではないか?

ということ。


もちろん、メルトカントリーなんて言葉はない。造語である。

これは、原発事故が起こって以来、

原発事故の情報の遅さ、

事故の程度の見積もりの甘さ、

何より、今でも国会議員が一つとなって行動しない国の甘さ、

こういったことが目について、日本国民を不安に陥れる。

もう、核燃料の処理は、この国を貫通するほどのダメージを引き起こしているのではないだろうか。

それがメルトカントリーだ。



未だに、誰が首相だの、どの党がいいだの、そんなことばかりがテレビで議論される。

一人でもいいから、福島で指揮を取ろうとする国会議員はいないのであろうか。

ましてや、女性問題云々なんて報道されたり、

誰それがいるから協力しなんだとか、誰が辞めなければどうとか、もってのほかである。


原子力発電や核燃料を扱うだけの“容器”をもっていない国だったのではないだろうかと、

今になって首をかしげてしまう。


まだ、今まで核燃料を封じ込め続けた圧力容器や格納容器のほうが優秀かもしれない。


私は、自分の国を信じることが愛国だと想っていた。

私は、自分の国が信じることができる国だと想っていた。

少なくとも、自分自身と、自分の大切な人、家族、友人、仕事仲間、ご縁でお逢いした方々、

そういった人々をこの脱力感から救いたいと想う。

国の言いなり、いや言いなりになるほど意見がない国に振り回されることなく、

幸せの方法を仲間と一緒に考えて、一緒に幸せになっていきたいと感じる。


全ての人々が本気で想うようになるような、そういった転換点に差し掛かったのでないだろうか?


本当に大切にしたいのは誰なのか?

それは国会議員のメンツを守ることなのか?

いいや違う。

何より、ただただ真面目に幸せになろうとする人々の生活だろう。

誰のための政治なのか。

誰が住む国なのか。

誰と一緒に生活を営みたいのか。


少なくとも、自分自身だけが幸せになろうとする、

理屈の合わない持論を展開する連中にはなりたくないと誰もが想っているはずだ。


国のトップといわれる人々のことを毛嫌いするのであれば、

それと同じ行動にならないように、自分達が想いをもって行動することが、

賢明であることはご理解いただけるはず。

そんな国民が増えれば、必ず正しい道は拓ける。


誰かのために行動する。

誰かのために生きていく。

もって産まれた生き方を、忘れてしまいがちが生き方を、今実行すればいいのだ。

本当にこの国を愛しているのならば、一緒に生きていってほしいと願うばかりだ。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
FP 表ブログ メルトスルー サラリーマンFPの表と裏ブログ【人生・ライフ編】/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる