サラリーマンFPの表と裏ブログ【人生・ライフ編】

アクセスカウンタ

zoom RSS FP 表ブログ 第二言語か、第三言語か?

<<   作成日時 : 2011/05/27 22:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2011.05.27
FP 表ブログ 第二言語か、第三言語か?



『がんばろう日本』ということで、地震以来会社倒産も相次ぎ、物価指数も上がっているという中、

明日がどうなるかもわからないまま、本当に不安な日々が続きます。


ヨソに目を向けると、不景気を引きずっているのは日本だけなのか、

物価は見る見るうちに上がってきています。インフレになりつつある?


しかしながら、日本では企業努力で物価を上げずになんとか維持してきました。


2011年4月の物価指数は2年4か月ぶりに上昇。

0.6%上がったのは、食料品の上昇とガソリンなどのエネルギーの高騰があります。


このままでは、地震原発の影響で、日本の経済はさらに立ち遅れ、

世界では物価の上昇と、

いわゆる『スタグフレーション』に陥ってしまう可能性が出てきています。

簡単に言えば、物価が上がるが、給料が下がるという、二重苦になる状況です。


こういう国はかつてほかの国にも見られました。


自国の給料が低いから、出稼ぎにくる国の人々がそうです。


日本も仕事の分母が小さくなる、自国の給料ではやっていけないとなると、

世界に出稼ぎに行く選択肢が出てくる。


ただ、日本より低賃金な国は多いので、出稼ぎに行くにしても、

ある程度、『日本ブランド』がないと太刀打ちできない。

逆に言うと、他の国が日本より魅力ある『ブランド』を持っているということ。


さて、私たちはどうすればいいのか?


出稼ぎに行くには、日本人の苦手な『外国語』が必要になる。

そう、日本語の発音では他の国の発音をカバーしきれないことが問題。

これは練習というか、体感する他ありません。


一流企業が公用語を『英語』にするのは、こういった将来を見据えたためかもしれません。

従業員が露頭に迷わないために今から練習させる・・・


厳しいかもしれませんが、それは正しい選択肢かもしれません。

長期的に見て、母国を去る必要のある日本人がいるかもしれないということ。


第二言語として、英語を話す必要はあるのではないでしょうか?

中国語も必要だと言われていますが、

まず、アメリカ、ユーロ圏で会話するのであれば、英語は必須でしょう。

海外旅行に行けばわかりますが、中国語より英語のほうが通じますよね。

肌で感じた公用語は英語だということは何となく理解していただけると想います。


私も少しずつ英語は取り入れています。

私は、エブリディ・イングリッシュを使っています。

イーラーニングでもいいし、他の教材でもいいと想います。


ただ、今使っているものは、

まず英語を高速スピードでヒアリング。

次に普通のスピードでヒアリングします。

これにより、普通のスピードのヒアリングが聴こえやすく感じます。

野球の打ちっぱなしで、150kmで打ったあと(いや、空振りなんだが・・・・)、

120kmが遅く感じるのと同じなのかも。





ある意味、石川遼が好きなのか、セインカミュが好きなのかで選ぶ?(笑)


次に、MADE IN JAPANで他の国に対抗できる可能性があるのが、

コンピュータ言語。

私は第三の言語だと想います。

JAVAやC++など、日本人のクリエイティブさと、デザインの秀逸さは他にはないものと考えます。

こういった言語なら、どの国にも共通だし、JAVAあたりはWINDOWSでもMACでも共通です。

   


どんな道もすぐにゴールにたどり着くものではありません。

5年10年先の自分自身を見つめてみてはどうでしょう?

そんな先のことなら、今からやっても充分間に合います。

自分自身の長期投資といったところでしょうか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
FP 表ブログ 第二言語か、第三言語か? サラリーマンFPの表と裏ブログ【人生・ライフ編】/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる